|
|
|
 
 
 
 
ID:
 
パスワード:
 
 
 





 
FQA
 
質問タイプ: [ すべての問題 ] [ 製品の問題点 ] [ 技術的な問題 ] [ ご注文に関する問題 ] [ メンバーの質問 ]   
 
 
 
FQA
[ 技術的な問題 ]
.Q:新規開発品の特殊機能要求がある場合、そのゴム配合の設計プロセスは何ですか?
.A:
1.まず生ゴムの種類、使用条件および特別規格要求に沿って、ゴムの配合を設計します。
2.製品最良化の物性と化学性を発揮するため、ゴムの再有効硫化プロセスを選択する
3.製品の最良的な基本本質を発揮するように、最有効の副配合剤の品種及び容量を選択します。
4.最良な補助剤及びゴム充填剤の品種と容量を使うには、規格とニーズを全面的に考える必要があります。
5.ゴムの最良配合剤の品種及び容量を使うことにより、顧客の性能ニーズに満足させます
6.適切な軟化剤を使用することで、顧客のソフト/硬度規格に合わせます。
7.操作条件に最適な適応性に合わせるため、適当な配合を検査し、最良な調整をします。以上はゴム規格の関連ニーズについて、ぜひ当社と検討し、相談してください。

[ 技術的な問題 ]
.Q:機能性ゴムの配合設計についての注意事項は何ですか?
.A:1.まず製品の使用条件と特別ニーズを理解する上で、ゴム配合設計を考えます。
2.ゴム製品の質量、分子量、使用寿命、物性及び化学性を考えた上で、 配合を決めます。
3.ゴムの使用には、生ゴムと配合剤の基本性質に対して、最良な配合設計をするため、相互の関連性も理解する必要があります。
4.最低コスト及びゴム材料の無駄扱いがないように、全般から 考えなければなりません

[ 技術的な問題 ]
.Q:機能ゴムの応用はどんな用件がありますか?
.A:1.所有な機能と使用環境に基いて、ゴムの種類を決めます。
2.ゴムの特性種類に基いて、最良な物性と化学性を探します。
3.ゴム種類の物性及び化学性は最良配合を使用することにより、 特殊規格に応じます

[ 技術的な問題 ]
.Q:機能性ゴムの応用範囲?
.A:
1.天然ラテックス。
2.耐摩擦ゴム。
3.耐グリスゴム。
4.耐熱ゴム。
5.耐震ゴム。
詳細について日系(JIS原料材料編)をご参照ください。

[ 技術的な問題 ]
.Q:ゴムの定義はなんですか?
.A:JIS定義:
1.常温上で、極めて小さい応力だけでも大きい変形を引き起こし、応力を排出すると、迅速的に変形の状態から元の状態に戻れます。
2.一定熱源及び中度圧力を加えると、すでに整形済みの加工品を再成型できません。

ASTM定義
1.膨大な力で変形させても、迅速的元の形に戻れます。
2.沸騰の溶剤、たとえば、ベンゼン(C6H6)、メチルエチルケトン(MEK)、トルエン、エタノール、共同沸騰の混合物の中に、本質がとけずに物質がちょっと膨大になる改質です。
3.改質されたゴムは希釈しない状態で、室温18℃-19℃にゴムを二倍までに引っ張り、一分を放置し、またその後の一分内に元の長さの1.5倍以下にならなければなりません。

[ 技術的な問題 ]
.Q:彈性製品とは?生ゴムは該当特性がありますか?
.A:硫化したゴム加工製品が外力で引っ張っても、該当ゴムがまた元の 状態に戻れるのは、弾性体という意味です。
しかし、硫化加工されないゴム、つもり原生ゴムが外力で引っ張ると、ゴムがもとに戻せず、変形します。

[ 技術的な問題 ]
.Q:ゴム製品は何ですか?
.A:ゴムがいくつの特徴がありますが、下記の三項目がもっとも特殊な部分となります。
1.ゴムは「彈性」をもつ特殊な性質で、ほかの材料の変りものがありません。
2.ゴムは「硫化」化学反応の本質を持ちます。どんなゴム加工製品或いはゴム製品、 必ずこのような化学反応をしなければなりません。
3.ゴムは様々な部品に使えます。使用範囲が極めて広いです。
特殊特性は配合の変化(複数材料)による物理及び化学性質も変わります。それで色の変化度も大きくなり、加工上押出、焼成、射出、板圧延などのプロセスも様々な様式ができます。

3 [ 1 ] 4