|
|
|
 
 
 
 
ID:
 
パスワード:
 
 
 





 
工場設備
 
 
 
設備
  設備:
液体射出成型機
食品容器及び医療用品に応用しています。 例えば、おしゃぶり、人工導管、呼吸器、水中ゴーグルなどです。該当設備は温度の運用範囲が極めて広く、高温でも低温でも物理性 と化学性に満足でき、 これを匹敵できるポリマーがまれにありません。 ; しかも、ソフトな弾性体でも、ゴムみたい密封性を兼ね備えています。高い電気絶縁性及び化学品、燃料、油、水に対する抵抗性も良いため、不良環境 に置いても、電気設備としての制限がありません; 工業用製品について、オイル シール、キーボード、電気絕緣材、自動
車部品など があります。

連続回転射出成型機
構造特性:
1. 高度な連続回転の射出成型技術。
2. 加硫プロセスの間に原料槽に入れた原料が複数回の使用ができ、従来の金型毎に使い終わりの残留材料の無駄が無くせ、大幅にコストダウンができた。

真空オイルシールゴム成型機(2RT)
オイルシール、パッキン、様々な雑件のゴム製品に応用できます。

横式蒸気ボイラー
横式蒸気ボイラーは燃焼制御機、補助機及び軟水処理薬品設備に加え、自動制御弁などの自動コントローラシステムを導入しています。
ゴムの發泡中の寸法安定性が品質保証の最も重要な部分となり、顧客に対する重要な品質の指標です。 自動横式蒸気ボイラーを導入するにあたって、さらに良い生産計画を立て、プロセスの自動化をはかり、コストダウン及び生産性を向上させ、ボイラーの性能安全も確保できるようになりました。
蒸気ボイラーの重要規格:
相当蒸発量: 1500kg/hr
伝熱面積: 9.9m2
最高圧力: 10kgf/cm

輸送式赤外線加熱機
未加熱のゴム押出成型品を赤外線の加熱トンネルを通して固めます。
1. 分断されているトンネルの上下にあるヒーターをそれぞれ調整できる仕組みで、それを調整することにより、加工製品の受ける熱の温度が均一となり、完成品の精度を確保します。
2. 溫度範囲:常溫+10℃─300℃(MAX),各種類の發泡及び非發泡ゴムの加熱に適用できます。
3.保温構造:高溫の岩綿を使い、加熱されても、100mmの空氣で温度伝達を遮断できるような保温構造になっているため、冷熱の不均一よる製品の品質不良を防止できます。

輸送式の材料冷卻裁断機
ゴム原料を必要な厚みに圧延し、工業用の送風ファンで強制的に散熱させながら、必要な幅を裁断します。(以下の規格について、加工寸法により調整できます)
1. ストリップサイズ: 800mm X 12mm
2. カッターの幅: 50mm
3. カッター裁断数: 2~15カット

開放式混練機
ユーザーの要求特性に合わせて、生ゴムに一定比率の混合材料を添加し、ローラーが何十回も回転することで、生ゴムと添加の混合材料が均一に混ざり、設定した厚みと幅を作り出し、コンベヤー上で自然乾燥をします。

冷料押出成型機 65m/m
押出成型とは一定の条件下で、金型を使って可塑性のあるゴム材料を連続的に押出成型します。
1. 当社はユーザーのニーズに合わせて、金型の開発ができます。
2. 特殊規格及び異なるゴム材料の異型押出棒の共同開発、生産ができます。
3. 發泡材、非發泡材、硬度が異なる結合材の共同開発、生產ができます。

冷料押出成型機 100m/m
押出成型とは一定の條件のもとで、金型を使って可塑性があるゴム材料を連続的に押出成型します。
1. 本社はユーザーのニーズに合わせて、金型の開発ができます。
2. 特殊規格及び異なるゴム材料の異型押出本の共同開発、生産ができます。
3. 發泡材、非發泡材、硬度が異なる結合材の共同開発、生產ができます。

離膜機
ゴム安全バルブを成型後にバリ取りを行う専用設備です。
1. 特殊な精密ゴム部品をバリ取りすることにより、製品の付加価値を向上させまる。
2. 加工するゴム部品の外観、或いは特殊なニーズがあれば、当社と共に共同開発できます。


4000 cc 縦式ゴム射出機
ゴムを金型へ通し、加熱と射出の成型方法を使っている設備です。成型できる製品が4.8kgまでです。 システム:ホットランナー、コードランナー
利点 :歩留まりを低下される材料残留防止。
ゴムの交換が簡単にでき、無駄削除。
各種類のゴム、シリコン、フッ素系ゴムに適用します。
上下離型式のため、埋めこみ成型ができ、金型の圧着損害も防止できます。

真空成型機
原料と金型が真空の状態で成型することにより、製品の気泡が減少でき、より美しい外観の実用的な製品が作れます。現在100ドン1台、200ドン2台、250ドン5台、350ドン1台を所有しています。

成型金型洗浄機
顧客の金型を自分の物としてきちんと扱いたいため、ISO標準書によって、決められた成型数に達する、或いは周期になると、金型のメンテナンス及び磨きをすることで、金型の製造品質を最良に保ちます。金型のキャビティが極めて小さくて精密な場合、特殊な清潔及びメンテナンス手法が必要となります。当社では金型用の専門洗浄機をもっており、成型の製品品質を最良な状態に保つことができます。