|
|
|
 
 
 
 
ID:
 
パスワード:
 
 
 





 
会社沿革
 
   
 

金安全科技(株)は1985年に設立しました。当社は生産工程及び部門制度を完備しています。
過去より、金安全科技(株)は様々なプラスチック製品を国内、海外の顧客に提供し、専門的な知識を運用し、顧客のニーズに合わせて製品を設計しています。

当社の品質管理部門は精密な測定設備を配備し、その中に、バッテリー用安全プラグ試験機、硬度測定機、密封栓測定機、高精密比重計やフロートバッテリー試験機などがあります。 生産ラインでは、高精密な設備を持っています。例えば、真空成型機、大型射出機、分離膜機などがあります。専用の試験機を設置することにより、すべての製品に対し厳密な出荷前検査(テスト)を行っています。

 

 

1985: 安全ゴム行"を設立。

1990: 金安全企業有限会社を設立。
1994: 台南永康亞太工業区に工場を設立、金型の開発、成分比率(調和)設計及び生産部門の事業を開始。
1998: 生産能力拡大のため、工場を總頭寮工業区へ移動。
2001: ISO-9001國際品質保証の認証取得。
2005: サイエンスパックの隣の台南安定に"金安全科技股份有限会社"を設立。
2009: TS16949の認証取得。